カヌーイストの便秘解消術

若い頃は折り畳みのカヤックを背負って、あちこちの川を下ったものです。
特に北海道の川はダイナミックで風景も美しい。釧路川の流れだしは浅瀬にびっしりの玉砂利、
白や黄色、黒のモザイク模様は絶句でした。森を走るように抜けてゆく、小動物も多くリスや
ハシブトガラ、狐に小鹿やフクロウまでも煮ることが出来る原生林なので。後半はなだらかく
ねった湿原の流れになって、ゆっくりとゆっくりと漕いでゆく。船底に転がしたキンキンに冷
えたビールを飲んでは2,3回漕ぎ、木の葉のようにクルクルと回って下ってゆくのです。2,
3日間の川旅は都会の疲れた生活をリフレッシュするのにはとてもよかったです。

川下りをしていたころは実に快便でした。普段から便通は良いのですが、特に快調だったと言う
意味です。開放的な環境の所為が大きかったでしょうが、舟を漕ぐ運動も十分に効いていると思
われます。
カヌーイストに便秘持ちはいないでしょう。(ほんとかな?)
でもストレスと運動不足をいっぺんに解消してくれるものであることは確かです。

ナノ型乳酸菌で腸内環境正常化!乳酸菌デリズム

生理の時の便秘を解消する

生理の時期に訪れる便秘、何とかしたいですよね。

人によっては、激痛を伴うこともあり、毎月毎月同じような苦しみを味わいます。

 

生理痛だけでも辛いのに、便秘のせいで辛さが2倍です。

生理の時になる便秘の原因は何でしょうか。

 

黄体ホルモンが原因と言われています。

これは、子供を守るために働いてくれるホルモンです。

子宮を守るために本来働くのですが、大腸にも影響を与えてしまうのです。

 

黄体ホルモンの影響を受けた大腸は収縮がしにくくなります。

これが生理時の便秘の原因なのです。

 

子供を生むためのメカニズムなので、生理時の便秘を予防するのは非常に難しいことです。

しかし、収縮が抑えられても、自分の力で大腸をある程度収縮することができれば便秘を予防することが出来ます。

 

つまり、筋力を鍛えるということです。

特に女性は筋力が弱い人が多く、便秘になる人も多いのです。

 

筋肉トレーニングを行うようにしましょう。

特に腹筋です。

腹筋を鍛えることで、ある程度腸の動きをサポートすることができるようになり、結果便秘を解消することができるのです。

 

間違ったダイエットで便秘になりやすくなる

ダイエットをして便秘になってしまい、お腹がぽっこり逆に出てしまうなんてことがよくあります。

もしダイエット中にそうしたことが起きているということでしたら、それは、ダイエットの方法が間違っているということです。

 

どんなダイエットを避けたら良いのでしょうか。

まずは、食事制限です。

食事の量を減らしすぎたり、回数を減らしてしまうということは腸に大きな負担を与えてしまいます。

 

食べるのを減らすと、体の中から老廃物を排出する食物繊維んなども取り入れることが出来ないということです。

どうしても、便秘になりやすくなります。

食事制限ダイエットは、ある程度の制限にしておかなければなりません。

 

野菜中心の食事をするようになるのは良いのですが、野菜であれば何でも良いということはありません。

例えば、トマトやレタス、キュウリは食物繊維がほとんど含まれていませんから、食べていても便秘は解消されません。

デトックス効果がありませんから、逆に便秘になりやすくなってしまうかもしれません。

 

海藻類や、きのこ類を含めた野菜を食べるようにしましょう。

 

食事制限をすることで、水分が少なくなってしまうということもあります。

水分が減ってしまうということは、便秘になりやすいということです。

意識的に水分は多く摂るようにしましょう。

 

水を飲む!

 

間違ったダイエットに注意しましょう!

水を飲む!

基本的に、水分をしっかり取っていないと便秘になってしまいます。

便秘にならなくても、便が硬くなったりするのです。

便秘解消として、やはり水分をしっかり取るというのは、効果的な方法なのです。

 

具体的にどのくらいの量を飲まなければならないのでしょうか。

目標としては、ペットボトル1本を目指しましょう。

 

1.5リットルから、2リットルくらいを摂取するのです。

水分を取るのではなく、水をのむことをオススメします。

 

つまり珈琲や紅茶ではダメなのです。

どうしてかと申しますと、カフェインが入っているものは、利尿作用がありせっかく取り入れたのに、でてしまいやすいからです。

 

カフェインが入っていない水分を2リットルのむことをオススメします。

一日に2リットルの水を飲むのは、そう簡単なことではありません。

 

毎日水をそばに持ち歩き、ちょびちょび飲むようにするのがベストです。

一気に飲むことは出来ませんからね。

 

朝は必ずコップ一杯以上は水をのむように心がけましょう。

食物繊維は欠かせない

便秘解消には、やはり食物繊維が効果があります。

 

食物繊維を多く含んでいる物をできるだけ食べるようにしましょう。

ダイエットをしている人たちは、炭水化物をやめて、食物繊維を多く含むものを食べるような方法を取ることもあるようです。

 

しかし、炭水化物を抜いてしまうのはあまり良いことではありません。

炭水化物を抜いていて、元に戻した時にいつも以上に脂肪へと変えてしまうというデメリットがあるからです。

 

便秘解消のために食物繊維を多めに摂ると良いのですが、やはり炭水化物もある程度取るようにしましょう。

 

また食物繊維には二種類あることも覚えておきましょう。

水溶性と不溶性です。

どちらの食物繊維もバランスよく摂り入れる必要があります。

水溶性はワカメなどの海藻類や、ゴボウに多く含まれており、不溶性はイモ類や豆に多く含まれています。

 

海藻類が不足して便秘になる人が多いようです。

 

食事は偏りが良くないということです。

健康に良いものをバランスよく摂り入れることで便秘も解消できます。

便秘薬を使っても解決にはならない

便秘でお腹がぽっこり出てしまいます。

理由はわかっているのだけど、便秘が解消されないので、お腹のぽっこりを治すことができません。

 

便秘を解消させるために、便秘薬に頼ってしまうこともあるかもしれません。

便秘体質の人は、腸の便を排出しようとしている働きが弱ってしまっていることが考えられます。

 

食べても腸が鈍いので、なかなか排便されません。

そんなときに、便秘薬に頼るとどうなるかお分かりでしょうか?

 

つまり無理やり排便することになります。

しかし、腸は便秘薬を飲んだとしても、依然として働いていません。

むしろ便秘薬によって無理やり排便を促されて、完全に動きが停止してしまうこともあるのです。

 

刺激を与えて無理やり出すということは、腸の本来の働きを改善させることにはならないということです。

むしろ、逆効果になるのです。

 

薬を飲めば飲むほど腸は弱っていきます。

ですから、薬ではない他の方法で、腸本来の働きを強めていかなければなりません。